イラレCC 文字 3D 立体的

Illustrator

【イラレCC技】ひと手間で文字の立体感を簡単に2〜4割増しにする方法

更新日:

スポンサーリンク

 

今回はイラストレーターCCでも文字に立体感を出すチュートリアルになります!
10秒から1分間ぐらいのひと手間加えるだけで文字の立体感を2割〜4割ぐらいアップさせることができます。

文字だけでなく他のオブジェクトにも流用できるテクニックなので、ぜひ覚えてどんどんレベルアップしてみてください!!

簡単に文字を立体的にできる2つの方法

文字を立体的にする方法はいくつかありますが、今回は「3D効果」「変形効果」を使って文字を立体的にするチュートリアルをご紹介します。
アウトラインをかけずに文字に立体感を出すので、あとあと調整や流用がしやすいデータ制作にもなるので覚えておいて損はないですよ!

 

1.「3D効果」を使って立体的にする方法

まずは簡単にできる方法をご紹介します。
立体的なグラフや地図の建物をつくるときにも活躍する「3D効果の押し出し・ベベル」をつかって文字に立体感を出していきます。

初めに文字ツールで立体的にしたい文字をうちましょう!

イラレ 文字

文字を選択したまま、「効果」の「3D」から「押し出し・ベベル」を選びます!

すると、下記のような3D効果の設定ウィンドウが出てきます。
そのウィンドウ上で立体的にしたい文字の角度・回転の向きを好きなぐあいに選ぶことができます。

ウィンドウの左下に「プレビュー」のチェック欄があるのでそこをチェックしてプレビューを見ながら、調整するのがおすすめです。
この3D効果で文字を立体的にするときには、複雑なフォントは避けたほうがいいですね。

複雑な漢字などを立体的にすると奥行き部分がうまくレンダリングできずに、一部分が欠けた状態になる場合があります。

押し出しの奥行きも適度に50から200ptぐらいが使いやすいかと思います。

イラストレーターCC 文字 3D

ちなみに先ほどの3D押し出し・ベベルオプションのウィンドウには「詳細オプション」があり、そこをクリックするとさらに立体的なエフェクトの詳細設定ができるようになります。

イラレCC 文字 3D

イラレCC 文字 3D

上記の画像では光が当たる角度も選べて、それにより3Dにする文字の色合いも変化させることができます。
環境光やハイライトの強さも選べるので、お好みで調整してみてください。

この時も左下のプレビューにチェックを入れて、プレビューを見ながら調整してみてください。

それで3D効果をかけた文字がこちらです!!

イラレCC 文字 立体的

奥行きの部分の色は「詳細設定」の「陰影のカラー」から選択することもできるので試してみてください。

 

2.「変形」と「アピアランス」を使って立体的にする方法

つぎは「アピアランス」と「変形」を使って文字にインパクトのある立体感を出していくチュートリアルです。
フラットな色で立体感を簡単に出すことができるので、ポスターやチラシのタイトルにも使える技です。

ビビットなカラーで作ればポップなレイアウトに仕上げることも可能です。

まずは立体感を出したい文字を用意しましょう!
そして、「アピアランス」の「オプション」をクリックします。

イラレCC 文字 立体的

イラストレーターCC 文字 立体的

「アピアランス」の「オプション」から「新規塗りを追加」を選びましょう。
すると新しくアピアランス内に新しく塗りが追加されます。

イラレCC 文字 立体的

その後は追加された「塗り」のアピアランスレイヤーを「文字」レイヤーの下に移動させましょう!

イラレCC 文字 立体的

そして、「アピアランス」内の追加した「塗り」のレイヤーを選択してアクティブにしておきます。

続いて「効果」から「パスの変形」の「変形」を選びましょう。

イラレ 文字 立体的

そうすると「変形」のウィンドウが出てきます。

イラレCC 文字 変形

ウィンドウで「移動」の水平方向と垂直方向を入力しましょう。
小さいですが左下のプレビューの上に立体的にするベースの位置を選択できる箇所があるので見落とさないようにしましょう。

そしてコピーを今回は10回と入力します。

イラレCC 文字 変形

するとこんな具合に文字を立体的にすることができます。

イラストレーターCC 文字 立体的

 

応用をすればフチあり文字に適用すればさらにインパクトある文字にすることができます。

イラレCC 文字 立体的

アピアランスに新しく「線」を追加して最初に付けた「線」の下に移動させます。

イラレCC 文字 立体的

 

イラレCC 文字 立体的

 

イラレCC 文字 立体的

 

イラレCC 文字 立体的チュートリアルのまとめ

以上、イラストレーターCCで文字を立体的にする2つのチュートリアルをご紹介しました。

昔は文字を立体的にするにはアウトライン化してから、いろいろと加工しなければいけなったのですが、今では文字のまま効果を付けることができるので、後で文字を変更することができるので便利になりましたね。

もちろん文字だけでなくオブジェクトにもこの方法は適用できるので、使ってみてください。

ちなみに今回のチュートリアルで使用したフリーフォントは「森の中の猫の小屋」さんになります。
インパクトがあってタイトルにも超使えるのにフリーフォントなのでありがたいです。

そしてキャッチ画の吹き出しはフキダシデザインさんです!
もはや吹き出しの無料素材としては定番のサイトになりますので、まだチェックしていないのであれば必見です!!

マックブックプロ,Mac
マックブックプロのバッテリーの実寿命は?少しでも長持ちさせるには?
低解像度,画像素材,リサイズ,ソフト,高解像度
低解像度画像の劣化を抑えて高解像風に加工できるソフトが使える!
人,人間,集中力,集中する方法
時間を区切ってすぐ集中力アップ!人間の集中力は15分が限界?

閲覧ありがとうございました!

Illustratorテクニック木目調自作編!ウッドテクスチャチュートリアル... イラストレーターで木目調のテクスチャを自作で作るチュートリアルを今回はご紹介! 自分で描き方をマスターすれば、木目の画像を探す手間やライセンスフリーかどうかを確認する時間を節約できますよ。 写真素材を探すときって案外時間がかかりますからね。 それに解像度は使う基準に充分対応しているか確認したり...
クリスマスプレゼント無料イラスト!高品質フリー素材コレクション!... クリスマスプレゼントの無料イラストコレクション!! 高品質なプレゼントのフリー素材を集めてみましたよ〜!! aiやepsのベクターデータなのでイラストレーターで編集可能です! イベントや記念日のアクセントや挿絵で、なにかとプレゼントのイラストって使いますからね! 持っていても損はないです...
テンプレートでブログ記事編集を時短化!手間を省いて効率アップ!... WordPressで記事を書く時に超役立つおすすめプラグインを紹介したいと思います。 今回ご紹介するプラグインは「TinyMCE Templates」。ブログを書く時に編集画面でテンプレートを挿入することができます。 これでいつも書いている見出しなどを予め入れておいて、記事編集を時短化して効率ア...
イラレの使い方画像編!配置写真をポラロイド風に簡単加工!... イラストレーターで写真をポラロイド風に見せる簡単加工をご紹介!! ちょこちょこっと設定をするだけでよくある写真をポラロイド風に配置する方法です! カフェのメニューとかであるような写真レイアウトがパパッとできちゃうんですよ! 画像を貼り付けるたびに背面に白のオブジェクトを作って、写真と位置合わせ...
WordPressプラグイン Quick Adsense日本語表示のやり方!コピペで簡単... WordPressプラグインの「Quick Adsense」をインストールして、そのまま使うと日本語表示が文字化けするので注意!! 特にアドセンスの「スポンサーリンク」が文字化けすると規約違反にもなるのできちんとスポンサーリンクが日本語表示されるようにしましょう! やり方は本当に簡単です!! ...
【保存版随時追加】商用可能な高品質イラストのフリー素材サイト集!... 広告・チラシ・ポスター、ホームページ、バナー、ブログなどを制作する際に必要になってくるのがイラスト素材。 有料サイトで買ってもいいですが、仕事の見積もりもギリギリでそこまで予算とれるかな〜? どっかにフリー素材の高品質なイラストはないかな〜? 大丈夫! ありまーーすっ!! 必ずブックマ...
Line風の吹き出しトークができる超おすすめWPプラグインSpeech Bubble... インタビューをしているような記事を書く時に吹き出しでトークを表現できるWordPressのプラグインをお探しの方、ぜひコレを使ってみてください。 そうそう、記事がマンネリ化して少しアクセントや表現の幅を広げたいって方にもオススメ。 この「Speech Bubble」を使えばLineのようなトーク...

スポンサーリンク



-Illustrator
-, , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© BUZZ GEEK MAGAZINE , 2018 All Rights Reserved.