menu

新年の挨拶 基本マナーと取引先へのお歳暮の渡し方や挨拶回りのやり方

ビジネスシーンで役立つ、新年の挨拶回りの基本マナーをご紹介します!!営業での年末年始の挨拶回りに行くときに心得ておくべきことがあります。

スポンサーリンク

やはり挨拶回りの基本といえば、直接相手・お客様に会うことですよね。直接会って一年の感謝を伝えることがとても重要です。そうでなくても多忙な年末年始ですから、直接訪問する前にアポイントをしっかりととっておきましょう。

アポイントなしで行くと相手が忙しかったり、不在だと二度手間になります。そして営業の年始のあいさつ回りは短時間で切りあげるようにしましょう。

新年の挨拶まわりの基本は???覚えておくべきポイントは?

新年の挨拶、マナーの基本として、もし長くかかったとしても30分程度とするのが良いでしょう。相手先・お客様がとても忙しそうであれば、玄関先での挨拶だけでも失礼にはあたりませんのでご安心を。相手の様子を見て時間をとらせすぎない気遣いが年末年始のあいさつ回りには大切です。

この気遣いがとってもポイント!!重要何ですね〜。相手は人間ですからこういった、気持ちが行動に現れると印象も良いでしょうね〜。また、しっかりとアポイントをとっていても相手先に急用ができて会えないこともありえますよね。

そのときは先方の違う方や受付の方に朱印を入れた名刺を渡しておくのがベストでしょうね。「ご挨拶にうかがいました」という証明のようなものです。お歳暮やちょっとした手土産なんかも、年始の挨拶回りに行った際にまとめて同時に渡しておいてOKです。

お正月の年始のあいさつ回りの時のお歳暮の渡し方は、持っていく際に風呂敷に包むのが正式のマナーなんです。しかし、今では紙袋でも基本的には構いません。

紙袋は本来持ち帰るものですが、相手が持ち運びに不便であったり、他の人に直接中身を見られたくないと思う場合もありますので、そのまま渡してもいいでしょう。

渡すときは「いつもお世話になっております。」とお辞儀をします。挨拶し、紙袋からお歳暮の品を取り出して、相手に表書きが見えるように正面から渡します。

その後、紙袋を「よろしければこちらもお使いください。」と言って渡します。 年末年始の挨拶回りは、今年一年のおつきあいに感謝し、新しい年も同様にいいおつきあいを願うためにすごく大切なことなんです。

 

 

お正月の年始のあいさつ回りは「松の内」の間にすませるというのが一般的です。「松の内」とは、新年を祝うために門松や注連飾りをしておく期間のことです。関東地方では1月1日〜7日まで、関西地方では1月1日〜15日まで間に新年の挨拶回りをするのが一般的です。

地方によって少し異なりますので、だいたい1月7日ごろまでと覚えておけば大きくマナーに外れることはないでしょう。 挨拶、マナーの一番大事な基本はこちらの誠意を相手・お客様に伝えることです。

アポを早めにとっておき、あいさつの時間を短めにして、「昨年は大変お世話になりました。新しい年もよろしくお願いいたします。」ということを伝えるようにしましょう。

新年の挨拶回りの基本マナーのまとめ

年始の挨拶回りの基本中の基本をご紹介しました。上記に述べたことも重要ですが、やはり人間同士のコミュニケーションなので、新年らしく明るく元気に挨拶することも忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

年末年始,お正月,胃が痛い,胃が気持ち悪い,胃腸辛い年末年始の胃が痛い・胃が気持ち悪い症状の予防と解決法!

大掃除,コツ,グッズ,網戸,100均激安で簡単!年末大掃除のコツ!網戸・サッシ掃除に100均ツールが大活躍!

関連記事

  1. お正月,おせち料理,レシピ,作り方,簡単

    【多忙な主婦限定】年始に慌てない簡単お正月おせち料理の作り方!

    【重要!】この記事は育児・家事と仕事に毎日追われている多忙なお母さん・ママのために書いた記事です!し…

  2. 大掃除,コツ,グッズ,網戸,100均

    激安で簡単!年末大掃除のコツ!網戸・サッシ掃除に100均ツールが…

    そろそろ年末の大掃除の季節が近づいてきましたね。寒い季節なのに水に手をつけて、掃除するなんて辛い!特…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。